バックホウ・油圧ショベル 2Dcad


このダウンロードサイトでは、バックホウ・油圧ショベルのCADデ-タがたくさん用意されています。
ダウンロードしたCADデータは、各種の資料作成に活用できます。


工事現場において、バックホウ・油圧ショベルは、ほぼ必ず使用する重機です。
また、その重機の配置計画は、施工計画立案時において必要となります。

なぜなら、限られた施工ヤ-ドにおいて、どのような大きさの重機が、どのように配置できるのかという点を、発注者等に説明する必要があるからです。
そこで便利なのが、バックホウ・油圧ショベルのCADデ-タです。

CADデータによって、重機の大きさ、形が細かく表現できます。
そのため、施工ヤ-ドの必要な大きさ、構造物との干渉状態等の、シュミレ-ションに非常に役立ちます。

また、発注者への施工計画説明において、完成イメ-ジがつかめます。
各施工ステップ時に、どのようにバックホウや油圧ショベルを配置できるか、どのような作業を行うか等を、分かりやすく伝えることができます。


またこの記事の後半では、建設業界の仕事においてのCADの習得の必要性についてお伝えしましょう。


バックホウ・油圧ショベルのCADデ-タが必要な際には、下記のCADデ-タリンク集からダウンロードして活用してください。




バックホウ・油圧ショベル 2Dcadデータ

現場代理人な日々

現場代理人な日々
タイヤ式建設機械をオートシェイプで作成し2DのCADデータとして公開しているサイトです。公開しているタイヤ式建設機械の種類は、トレーラやセミトレーラをはじめ、クローラダンプ、キャリアダンプ、ミキサー車、散水車など多彩にあります。営利目的や管理人に無断で転載・再配布での使用は禁止されていますが、普通に使用する場合は無料で制限なく使うことができます。このサイトでは、バックホウ・油圧ショベルなどの、2Dcadデータが紹介されています。

レント

レント
産業車両・一般乗用車・産業用機械器具・建設用機械器具などのレンタル会社です。測定工具校正事業や建設機械の教習事業、資機材・中古機の販売も手掛けています。各種車両のレンタルに関しては、必要な免許証も記載されており、安心感があります。このサイトでは、バックホウ・油圧ショベルなどの、2Dcadデータが紹介されています。

バックホウ cad-data.com

バックホウ cad-data.com
バックホウのフリーCADデータがあります。検索から多数のアイテムを表示できます。バックホウのフリーCADデータは、トラックバックホウ、シリンダーの長さを変えるとブーム・バケットが動くバックホウなどがあります。バックホウの拡張は、jww、dwg、dxfになります。施工計画用、申請用に使えます。

バックホウ・油圧ショベル 2Dcadデータ その2

arch web

arch web
2D、3D設計図の他サイズ早見表、学位論文、土木用語解説など、デザイナーのサポート用サイトです。世界の重要文化財(建築物)の設計図を、設計士の名前から検索し、有料でダウンロードできます。人体モデルや壁紙など無料のdwgファイルと、寄付金として有料になる著名設計図に別れています。このサイトでは、バックホウ・油圧ショベルなどの、2Dcadデータが掲載されています。

The-Blueprints.com

The-Blueprints.com
このサイトでは、バックホウ・油圧ショベルなどの、2Dcadデータが紹介されています。海外のCAD用の素材サイトです。基本的に無料のコンテンツで、一部有料ですがPAYPALやVISAなどでの課金コンテンツの利用も可能です。散水車やトレーラーなどもあり、必要な自動車素材を見つけられます。

excavator cadデータ Google

excavator cadデータ Google
バックホウ・油圧ショベルのCADデータが、多数紹介されています。油圧ショベルの代表的なメーカーは、日立建機、小松製作所、住友建機、加藤製作所、コベルコ建機、クボタなどがあります。海外メーカーではドイツのリープヘル社のものが国内ではよく輸入されています。クローラの操作方式は、現在ではJIS規格により統一されています。


お求めのCADデータは見つかりましたでしょうか。
データが見つからなかった方は、リンク集のまとめサイトから手に入れて下さい。
次のサイトでは、バックホウ・油圧ショベルのCADデータのリンク集をまとめて紹介しています。
バックホウ・油圧ショベル、CADデータのまとめサイト


バックホウ・油圧ショベル、CADデータの必要性


それでは、建設業界の仕事において、いかに、CADの習得が必要かということについてお伝えしましょう。

CAD習得によるメリット

1. 習得後のメリット

CADを習得することによって、建設業界における仕事の幅が大きく広がります。


① CADも使えるエンジニアとしての魅力

エンジニアとして、CADを習得しておくと、CADオペレ-タ-への作図依頼をスム-ズかつ的確に行えます。

また、CADで確認しなければ分からない詳細な部分の確認を、自ら確認することが可能であり、緊急対応を要する図面の修正等を、自ら行うことも可能です。

例えば、バックホウ及び、油圧ショベルの配置検討において、CADオペレ-タ-には大まかな配置計画を指示します。

そして、細かい配置検討においては、自ら検討することにより、手戻りを防止し、検討時間の短縮へと繋がります。


② CADオペレ-タ-としての活躍

現在、建設業界では、エンジニアの高齢化が進んでいます。
高齢のエンジニアは、CADを使用できない方が非常に多いです。

そんな背景の中、CADを習得することによって、建設業界においてCADオペレ-タ-としての活躍が見込まれます。

高齢のエンジニアより、設計図面作成の指示を受け、施工計画立案のため、バックホウ、油圧ショベル等の重機配置検討を行うことができます。

また、発注者への説明協議用図面の作成を行ったり、詳細な土木施設設計図面の作成を行ったりと、非常に重宝されます。

2. 就職や転職での優遇

現在、建設業界では技術者不足で、各企業におけるCAD技術者も不足しており、その需要も年々増加しています。

また、今までの2次元CAD技術者の需要も増えておりますが、インフラの品質向上の面においては、3次元CAD技術者の需要も増加すると予想されます。

今後、増々CAD技術者が必要とされています。
そのため、CADを習得することによって、建設業界等における就職や転職において、優遇される場合が多々あります。


◇ よく読まれている関連記事と広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする