トラクター・tractor 2Dcad


トラクター・tractorの2Dcadデータ、掲載サイトの紹介です。
被牽引車・重量物を引く、後方に特殊装置をつけて耕起する牽引車両を、トラクターといいます。
空気入りタイヤを装着した、ホイールトラクターと呼ばれるタイプが一般的で、重牽引作業時や不整地走行時の性能を高めるために、クローラーを備えたクローラートラクターもあります。
トラクター・tractorの2Dcadデータが、ダウンロードできます。


また記事の後半では、農作業には欠かすことのできない、ラクターの特徴と機能ついて説明していきます。

トラクターの2Dcadデータがすぐに欲しいという方は、下記のトラクター・tractor 2Dcadデータのリンク集からダウンロードしてくださいね。


トラクター・tractor 2Dcadデータ

トラクター・tractor 2Dcadデータについては、
Grab CAD、CAD forum、Biblio CAD、tractor 2D Google、などのサイトで、多くの種類のデータが参考になります。
要望に合わせて、自由にお好きなデータが選択できます。

Grab CAD

Grab CAD

フリー2Dcadデータを公開しているサイトです。様々なデータが揃っています。トラクター、バックホウ・油圧ショベル、クラムシェル・アタッチメント、ブルドーザー、トラッククレーン、カニクレーン、不整地運搬車、アジテータ車などの2Dcadデータが揃っています。

CAD forum

CAD forum

CADデータ、CADに関する情報、技術ヒントがダウンロードできるサイトです。トラクター、バックホウ・ユンボ・油圧ショベル、ブルドーザー、ホイールローダ・タイヤショベル、トレーラ、コンプレッサ、コーンバー、ローリングタワーなどのCADデータが掲載されています。

Biblio CAD

Biblio CAD

建築、設計、建設のためのAutoCADデータを公開しているサイトです。トラクター、バックホウ・ユンボ・油圧ショベル、ブルドーザー、ホイールローダ・タイヤショベル、コンクリートホッパー・バケット、アスファルトフィニッシャーなどのCADデータが揃っています。

tractor 2D Google

tractor 2D Google

トラクター・tractorのCADデータが、多数紹介されています。農業用トラクターにドーザーブレード、ショベル、バケット、バックホウ、リッパーなどを取り付けたものは土木工事用トラクターとして建設現場で広く普及しています。ブルドーザーは、前部にブレード、後部にウインチ、リッパー等が取り付けられた履帯トラクターです。

トラクター・tractor 2Dcadデータ その2

トラクター・tractor 2Dcadデータは、
トラクター cad-data.com、働く車の塗り絵、ニューホランド、上田技研、株式会社 諸岡、などのサイトで、評判のデータが紹介されています。
ダウンロードして、はじめてはどうですか。

トラクター cad-data.com

トラクター cad-data.com

トラクターのフリーCADデータがあります。検索から多数のアイテムを表示できます。カタログをトレースしたトラクター、ホイールベースやカプラ等の位置に留意したトラクター、バリエーションを持たせたトラクター、農業用機械としてのトラクターなどのフリーCADデータがあります。

働く車の塗り絵

働く車の塗り絵

トラクター、ブルドーザー、ホイールローダ・タイヤショベル、ラフタークレーン、パッカー車、ロードローラーなどの2Dcadデータが掲載されているサイトです。画像サイズは、800×600と、壁紙サイズです。ペイントソフトで、お好きな色に塗って仕上げてください。

ニューホランド

ニューホランド

農業機械の販売会社です。ニューホランド・トラクター、大型コンバイン、自走式フォレージハーベスターをはじめとした国内外の農機を取り扱っています。トラクターなどの、規格寸法図、仕様書、カタログが紹介されています。牧草作業機、耕起作業機などもあります。

上田技研

上田技研

建設機械のリース・運搬・修理・販売を手掛けている会社です。車検もおこなっています。トラクター、バックホウ・油圧ショベル、クラムシェル・アタッチメント、ブルドーザー、ホイールローダ・タイヤショベルなどの規格寸法図、仕様書、カタログが揃っています。

株式会社 諸岡

株式会社 諸岡

建設機械、土木機械、環境機器、農業機械などの製造販売会社です。トラクター、クローラダンプ・キャリアダンプなどの、規格寸法図、仕様書、カタログを閲覧することができます。デドン社製の農業用トラクタ、自社製キャリアダンプ・フォークリフトがあります。

トラクターの牽引する機械を取り換える


この項では、農作業には欠かすことのできない、トラクターの特徴と機能ついて説明しましょう。

トラクターは、自走できない作業機械などを牽引しながら、様々な作業を行うことができる動力車のことです。

トラクターは、作業機械などに動力を供給することができる機能を持っています。
農地や湿地、未舗装道路などの、足場が安定しない場所での作業を求められるため、土に食い込みの良い、ブロックパターンの大きな大型のタイヤを採用しています。

足場の悪い環境で走行できる必要があり、また、重たい作業機械を牽引する必要があるため、高出力のエンジンを搭載しています。

そのため、牽引作業だけでなく、トラクターに、ドーザーブレードやショベルを取り付けて土木工事に採用されていました。

近年では、土木工事専用車が多数あるため、日本ではあまり見られませんが、発展途上国ではよくみられます。

農業用トラクターは、牽引する作業機械を取り換えることで、様々な作業ができます。
土地を耕したり、種や肥料を撒いたり、雑草を抜いたり、収穫を行ったりといった、一連の農作業のほとんどを行うことができます。




◇ よく読まれている関連記事と広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする