シートパイル・鋼矢板 2Dcad


シートパイル・鋼矢板の2Dcadデータ、掲載サイトの紹介です。
鋼矢板工法は、工事が簡単で、 大がかりな施工設備を必要としません。
また、施工期間も短期間で済みます。
鋼矢板の断面や長さを変えることで、様々な地盤に対応できます。
鋼矢板自身が軽量のため、重力式構造物に比べて、耐震設計が有利にできます。
シートパイル・鋼矢板の2Dcadデータが、ダウンロードできます。


そして記事後半では、シートパイル・鋼矢板の種類や工法、使用する目的について説明しています。

まずはダウンロードサイトのリンク集から、シートパイル・鋼矢板 2Dcadデータをチェックしてみましょう。
お探しのデータが見つかれば、土木工事の図面作成に役立つはずです。


シートパイル・鋼矢板 2Dcadデータ

シートパイル・鋼矢板の2Dcadデータでは、
土木のお部屋、ジェコス、JFE建材、鋼矢板 cad-data.com、などのサイトで、
使い勝手が良いデータが紹介されています。
皆がよく利用しているサイトです。これらのサイトをお勧めします。

土木のお部屋

土木のお部屋

シートパイル・鋼矢板、ビケ足場・ビディ足場・枠組足場・単管足場などの2Dcadデータがダウンロードできるサイトです。その他、道路・河川・排水構造物・土地改良・仮設工・ブロック・林業土木などの図面も揃っています。

ジェコス

ジェコス

仮設鋼材の販売・リースおよび仮設工事の施工会社です。シートパイル・鋼矢板、ライナープレート、オールケーシング掘削機、アースオーガー、バックホウ、ユニック車、不整地運搬車、タイヤローラ、コンプレッサなどの規格寸法図、仕様書、カタログが揃っています。

JFE建材

JFE建材

建築用建材商品、土木用建材商品のメーカーです。シートパイル・鋼矢板などの規格寸法図、仕様書、カタログがダウンロードできます。軽量鋼矢板は、当初は土留め矢板でしたが、現在は永久構造物としての護岸、岸壁、擁壁等の小規模構造にも多く採用されています。

鋼矢板 cad-data.com

鋼矢板 cad-data.com

鋼矢板のフリーCADデータがあります。検索から多数のアイテムを表示できます。仮締め切り工のサイレントパイラーと反力架台、上部障害クリア工法のクリアパイラーなどのCADデータが掲載されています。鋼矢板のキーワードは、鋼矢板、仮締め切り工、土留め、サイレントパイラー、クリアパイラー、上部障害クリア工法、圧入機械、継矢板などで検索してみてください。

シートパイル圧入工法 2Dcadデータ

シートパイル圧入工法の2Dcadデータについては、
株式会社 小澤土木、株式会社 﨑山組、シートパイル圧入 鋼矢板 cad Google、ダイワテクノ、株式会社 松原興業、などのサイトで、質の高いデータが掲載されています。
フリーデータでも、有料データとほぼ同じぐらい品質のものもありますよ。

株式会社 小澤土木

株式会社 小澤土木

シートパイル圧入工法・鋼矢板、アースオーガーなどの2Dcadデータが揃っています。その他のパイラー工法についての解説があります。ジャイロプレス工法、硬質地盤クリア工法、ゼロクリアランス工法、上部障害クリア工法、鋼管矢板圧入工法、ノンステージング工法など。

株式会社 﨑山組

株式会社 﨑山組

シートパイル圧入工法・鋼矢板などの2Dcadデータが掲載されています。ハット型鋼矢板圧入工法は、環境対応型サイレントパイラーによるハット型鋼矢板の圧入を行います。広幅鋼矢板圧入工法は、広幅鋼矢板対応型サイレントパイラーを使用して幅鋼矢板を圧入します。

シートパイル圧入 鋼矢板 cad Google

シートパイル圧入 鋼矢板 cad Google

シートパイル・鋼矢板のCADデータが、多数紹介されています。シートパイルはお互いが緊結する構造になっています。そのため、湧水などが出る工事現場で使われることが多い部材です。クレーンと人の手で誘導しながら打ちこんでいくため、技術力が必要になります。丸藤シートパイル、JFEスチールなどのメーカーがあります。

ダイワテクノ

ダイワテクノ

シートパイル・鋼矢板、バイブロハンマー・vibrohammerなどの2Dcadデータが紹介されています。圧入機は、すでに圧入された杭の引き抜かれまいとする力を反力として杭を圧入しながら、その圧入杭につかまって次の位置の完成杭に乗り移り、杭施工を繰り返していきます。

株式会社 松原興業

株式会社 松原興業

シートパイル圧入工法・鋼矢板などの2Dcadデータが紹介されています。硬質地盤クリア工法は、芯抜き圧入システムにより、硬質地盤でも圧入工法の優位性を損なわず、杭施工ができます。芯抜き圧入では、杭先端の直下地盤を削孔すると同時に杭を押し込みます。

シートパイル・鋼矢板の目的は、土留めや水止め


引き続き、シートパイル・鋼矢板の種類や工法、使用する目的について説明しましょう。

シートパイルとは、建築や土木の工事で使用される鋼製の矢板のことです。
建築物、橋梁の基礎、港湾・河川の護岸や防波堤などの工事において、土留めや水止めを目的として、土中に埋設します。

シートパイルの形状は、U形・Z形・直線形・H形など、さまざまな形状がありますが、U形がもっとも一般的です。
断面は、長手方向の曲げ剛性を高めるため、凹凸のある形状をしています。
両端には、矢板同士を繋ぎ合わせる継手がついていて、連続した壁を構築することが可能です。
凹凸の向きを互い違いにして繋ぐため、連続した壁の断面は波型のような形状です。

シートパイルの打ち込みには、専用の圧入機械を使用します。
大掛かりな工事が不要で、比較的簡単で急速な施工が可能です。
地盤の状況に応じて、断面形状やサイズ、枚数を選定できるため施工性に優れています。

仮設の土留めとして使用する場合には、工事完了後に引き抜き、繰り返し利用することができるため経済的です。




◇ よく読まれている関連記事と広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする