セーフティ・カラーコーン 2Dcad


このページでは、カラーコーン・バーのCADデータリンク集を紹介しています。
リンク集には、カラーコーンの形状も豊富にそろっているので、イメージに合ったCADデータを手に入れることができるでしょう。


カラーコーン・バーといえば、大きなイベントや、工事現場で事故を防止する安全施設です。
一般的には、赤と白のカラーコーン・バーが知られていますが、黄色のカラーコーン・バーもあります。
ほかにも、反射板がついた夜用タイプや高速道路用のカラーコーン・バーなどさまざまなタイプもあります。


記事の後半では、カラーコーン・バーのcadデータを探している人のために、カラーコーン・バーの使い方とcadデータの探し方のコツを紹介しています。


それではまず、カラーコーンのCADデータがすぐに欲しい人のために、ダウンロードサイトのリンク集を紹介しましょう。
下記のCADデータリンク集からダウンロードしてくださいね。




カラーコーン・セーフティコーン 2Dcadデータ

トラスト

トラスト
印刷や書類、看板作成などを行う会社ですが、フリーデータ集があり便利です。土木関連中心のExcelデータは工事日報や数量計算表などよく使うものが揃っています。とても沢山のデータが揃っているうえ、カテゴリわけもされており閲覧しやすいです。このサイトでは、カラーコーン・セーフティコーンなどの、2Dcadデータが利用可能です。

現場代理人な日々

現場代理人な日々
タイヤ式建設機械をオートシェイプで作成し2DのCADデータとして公開しているサイトです。公開しているタイヤ式建設機械の種類は、トレーラやセミトレーラをはじめ、クローラダンプ、キャリアダンプ、ミキサー車、散水車など多彩にあります。シンプルなサイト構成となっているため、一見信頼できるのだろうかと思うかもしれませんが安心して利用することができます。このサイトでは、カラーコーン・セーフティコーンなどの、2Dcadデータがあります。

ブラスト興業

ブラスト興業
コーンバーやフェンスなどの保安工事用品の製造販売・輸入・レンタルを行う会社です。農業園芸用品の製造販売も開始され、試供サンプル品も受け付けています。主なレンタル用品一覧があるため、取り扱い商品をひと目で確認できます。このサイトでは、カラーコーン・セーフティコーンなどの、2Dcadデータが紹介されています。

カラーコーン・セーフティコーン 2Dcadデータ その2

ベクトルサービス

ベクトルサービス
カラーコーン・セーフティコーンなどの2Dcadフリーデータが紹介されています。セーフティコーンのデータは、道路使用許可やシュミレーションに使用できます。ダンプ・油圧ショベル・交通誘導員のcadデータも、道路使用許可やシュミレーションに使えます。

Pinterest

Pinterest
3Dcadデータなどをダウンロードできる、写真投稿SNSとなっているのがこちらのサイトです。メールアドレスのほか、googleアカウントなどでも登録する事ができるのが特徴です。投稿されているデーター現場の画像なども多く、施工例などに使用できるものもあります。このサイトでは、カラーコーン・セーフティコーンなどの、2Dcadデータが紹介されています。

astamuse

astamuse
astamuse(アスタミューゼ)内には、多数の技術情報が収録されています。分野別の技術情報・最新のキーワード情報をもとに、目的に合った技術情報を見つけることができます。カラーコーン・セーフティコーン、朝顔・アサガオ、などの2Dcadデータがあります。


イメージ通りのCADデータは見つかりましたでしょうか。
データが見つからなかった方は、リンク集のまとめサイトから収集してください。
次のサイトでは、カラーコーン・セーフティコーンのCADデータのリンク集をまとめて紹介しています。
カラーコーン・セーフティコーン、CADデータのまとめサイト


カラーコーンの役割と、cadデータを探す2つのコツ


ここでは、カラーコーンのcadデータを探している人のために、カラーコーン・バーの使い方とcadデータの探し方のコツを紹介します。

1. カラーコーン・バーが使われる3つの理由


1-1 人間の安全を守るため

カラーコーン・バーがあれば、人間は「ここからはキケンなエリアだ」と考えます。
作業員が安全に工事ができることも、カラーコーン・バーのおかげです。

例えば、2種類のカラーコーン・バーを使えば、安全エリア(黄色)や危険エリア(赤色)と分けられ、エリアを区別するメリットになります。


1-2 営業するためのツール

カラーコーン・バーは、売り込みとしてのツールに使えます。

例えば、カラーコーンにモデルルームのポップを付ければ、お客さんを呼び込む営業ツールになるでしょう。

1-3 マナーを違反する人が減る

カラーコーン・バーがあれば、マナーを守らせることができます。

例えば、予備校などの駐輪場にカラーコーン・バーを置けば、関係者以外は止められないことを伝えられるのです。
そのため、マナーを守らない人や路上駐車をして、警察にキップを切られる人が減ります。

2. カラーコーンのcadデータを見つけるたった2つのコツ?

カラーコーン・バーを調べると、フリーサイトのcadデータが多いでしょう。
しかし、どのような点に気を付ければいいのかわからないですよね。


ここからは、カラーコーン・バーのcadデータを探すコツを紹介します。


2-1 カラーコーンの扱う会社を探す

カラーコーン・バーのcadを見つけるには、カラーコーンの営業会社を探しましょう。

例えば、積水樹脂(大阪府・北区)の交通安全用品図面ダウンロードです。
道路の真ん中にある棒(車線分離標)や建設現場で使われるカラーコーン(マルチコーン)のcadデータがあります。

ただし、dxfファイルだけがダウンロードできるため、pdfなどのファイルがほしい人は、フリーサイトやpdfにできるプリンターで印刷してください。


2-2 ファイルの種類をチェックする

カラーコーン・バーのcadデータを見つけるには、ほしいファイルを探してください。

例えば、cadデータが集められた「cad-DATA.com(フリーサイト)」には、以下のようなファイルがあります。

【カラーコーン・バーのファイル】
・ stp(複数のcadソフトで書き込み可)
・ se2
・ dwg(2Dcadタイプのファイル)
・ jww(建築で使われるcad)

まずは、あなたのほしいファイルを調べてみてはいかがでしょうか。


◇ よく読まれている関連記事と広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする