朝顔・アサガオ 2Dcad


朝顔・アサガオの2Dcadデータ、掲載サイトの紹介です。
朝顔は、一般的に、枠組足場に取り付けて使用します。
足場内部からの組み立てが可能です。
材料の荷揚げ効率化を図る、景観を上げる、といった目的も兼ねて設置されます。
道路上の境界線を越えての取付けがほとんどであるため、道路占有の届けが必要です。
朝顔・アサガオの2Dcadデータが、ダウンロードできます。


そして記事後半では、朝顔の設置において、守るべき要件について説明しています。

朝顔・アサガオの2Dcadデータをすぐに入手したい場合は、下記のリンク集からダウンロードしてください。


朝顔・アサガオ 2Dcadデータ

朝顔・アサガオの2Dcadデータは、
日建リース、株式会社 村江工業、村本建設、仮設朝顔 図面 Google、などのサイトで、多くの種類のデータが紹介されています。
一度試してみてはどうでしょうか。

日建リース

日建リース

建設用鋼製軽量仮設資材、運搬用器材、介護福祉用具などの賃貸・販売会社です。朝顔・アサガオ、ビケ足場・ビディ足場・枠組足場・単管足場、支保工・パイプサポート・TSサポート、万能鋼板、立ち馬・脚立、鋼矢板などの規格寸法図、仕様書、カタログが揃っています。

株式会社 村江工業

株式会社 村江工業

屋根・外壁・雨樋の施工を専門としている会社です。朝顔・アサガオ、万能鋼板などの、規格寸法図、仕様書、カタログが掲載されています。セーフティーガードは軽量で付けはずしが容易です。丈夫で繰り返し使えます。仮囲い、朝顔の参考構成図も掲載されています。

村本建設

村本建設

足場材・仮囲材等の各種軽量仮設材と、クレーン・エレベーター等の機械のレンタルセンターのサイトです。朝顔・アサガオ、ビディ足場・単管足場、パイプサポート・TSサポート、仮囲い、ローリングタワーなどの規格寸法図、仕様書、カタログが公開されています。

仮設朝顔 図面 Google

仮設朝顔 図面 Google

朝顔・アサガオのCADデータが、多数紹介されています。朝顔の施工基準として、地上から10m以上の足場では1段以上、20m以上の場合は2段以上取付けること、車道では地上面より5m以上の高さ・歩道では地上面より4m以上の高さに取り付けること、突出しの長さは足場から水平方向に2m以上とすることなどがあります。

朝顔・アサガオ 2Dcadデータ その2

朝顔・アサガオの2Dcadデータでは、
株式会社 セキノ興産、株式会社 レリコム、株式会社 千歳商会、カセツリース 株式会社、東阪工業 株式会社、などのサイトで、使えるデータが揃っています。
皆がよく利用しているサイトです。これらのサイトをお勧めします。

株式会社 セキノ興産

株式会社 セキノ興産

朝顔・アサガオなどの2Dcadデータが紹介されています。万能鋼板・仮囲いは、軽量で取扱い易く、取付け・取外しが簡単です。雨に強い優れた断面性能のパネルで繰り返し使用できます。また、強い支柱でパネルの安全性を確保し、外観の化粧から美観と安心感があります。

株式会社 レリコム

株式会社 レリコム

仮設材料の販売、リース機材の整備、総合的な技術力の情報提供を行っている会社です。仮設朝顔などの2Dcadデータが掲載されています。仮設アサガオは、組立・解体時に作業者が足場の外に身を乗り出すこと無く、常に足場内で作業ができ、折り畳むことも出来ます。

株式会社 千歳商会

株式会社 千歳商会

建設現場で使用する仮設資材と施工技術を提案する会社です。仮設朝顔・アサガオなどの2Dcadデータが紹介されています。取扱いは、枠組足場・吊り足場、足場付随資材、安全衛生資材、鋼管類、クランプ類、足場板、吊り足場、サポート、作業台などの商品です。

カセツリース 株式会社

カセツリース 株式会社

建築資材・仮設機材のレンタル・販売会社です。仮設朝顔・アサガオなどの2Dcadデータが掲載されています。仮設朝顔は、都市美観と軽量性・安全性を兼ね備え、アルミ合金とFRPを使用することで、作業性が向上します。スパン毎に独立した折りたたみ式構造です。

東阪工業 株式会社

東阪工業 株式会社

建設用の仮設機材の製造販売・リース業を営む会社です。仮設シート朝顔・ハピネスなどの2Dcadデータが揃っています。シート朝顔は隙間をシートで完全に養生することができます。作業時に落下する小物部品はありません。強風時は事前にシートを簡単に外せて安心です。

朝顔の設置において守るべき要件は


引き続き、朝顔の設置において、守るべき要件について説明しましょう。

仮設足場における「朝顔・アサガオ」とは何でしょうか。

職人が、仮設足場の上で作業するとき、万が一でも、道具または資材などを落下させてしまうと、たとえ小さく軽いものであっても、通行人にけがをさせてしまう可能性があります。

仮設足場からの道具・資材落下により、通行人がけがをしてしまわないよう、保護するための防護柵のことを「朝顔」と呼んでいます。

朝顔の設置においては、守るべき要件があります。
朝顔は、10m以上となる足場には1段以上を設置する必要があり、20m以上の足場においては2段以上を設置する義務があります。

朝顔の長さは、水平距離で2m以上、設置角度は20度以上が必要です。
この斜めに出ている防護柵の状態が「朝顔」に似ていることから、そのような名前がつけられました。

道路に接している場所に、仮設足場を設置するとき、大抵の場合、朝顔が道路にはみ出てしまいます。
そのため、朝顔を設置するには「道路占有許可」をとらなければいけません。




◇ よく読まれている関連記事と広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする