支保工・パイプサポート 寸法図


支保工・パイプサポート・TSサポートのCADデータ、規格寸法図のデータサイト紹介です。
足場兼用支保工のことを、TSサポートといいます。
作業足場としての機能を持ち、そのまま強力支保工として使用できます。
組立解体が簡単で、広い作業場を確保できます。
構造形状・機能を活かし、イベント構造物や景観モニュメントにも使用されています。
支保工・パイプサポート・TSサポートのCADデータ、規格寸法図、仕様書、カタログが、ダウンロードできます。


また、記事の後半では、足場に求められる安全対策と、cadデータの活用法について紹介しています。

それではまず、支保工・パイプサポート・TSサポートの規格寸法図のデータを含め、ソフトの内容を知りたい人のために、ダウンロードサイトのリンク集を紹介しましょう。


支保工・パイプサポート・TSサポート 規格寸法図

支保工・パイプサポート・TSサポートの規格寸法図は、
松本鋼機 株式会社、日工セック、中央ビルト工業、などのサイトで、使い勝手が良いデータが紹介されています。
皆がよく利用しているサイトです。これらのサイトをお勧めします。

松本鋼機 株式会社

松本鋼機 株式会社
建築・土木資材の販売・リースを行っており、取扱商品の中にはNETISに登録されている製品もあります。ライトブリッジや枠組足場の図面データを、PDF形式とDWG形式、JWW形式、DXF形式で公開しています。「美観を向上させたい」「効率をよくしたい」など、現場での目的に応じた商品を検索できます。このサイトでは、支保工・パイプサポート・TSサポートなどの、規格寸法図が利用可能です。

日工セック

日工セック
仮設機材の設計開発・レンタルメーカーの会社です。仮説足場や支保工・パイプサポート・ローリングタワー、安全施設・などのCADデータが掲載されています。また、仕様書やカタログも掲載されており、仮設物の詳細も調べながらCAD作成に役立てることができます。このサイトでは、支保工・パイプサポート・TSサポートなどの、規格寸法図が揃っています。

中央ビルト工業

中央ビルト工業
土木・建築用仮設機材の製造・販売・レンタルや省力化型枠工法の設計・施工などを行う会社です。枠組足場、パイプサポート、吊足場、鋼製足場板などの仮設機材の販売やリースが主軸事業です。取扱商品の規格寸法図、仕様書、カタログがPDFでまとめられ無料でダウンロードできます。このサイトでは、支保工・パイプサポート・TSサポートなどの、規格寸法図が揃っています。

支保工・パイプサポート・TSサポート 規格寸法図 その2

支保工・パイプサポート・TSサポートの規格寸法図は、
テント―標識、株式会社 ダイサン、丸藤シートパイル、などのサイトで、使えるデータが揃っています。
きっとお役に立つと思います。

テント―標識

テント―標識
工事保安機材や交通標識などの制作・販売・レンタルを行う保安用品会社です。他にも農業用品やドリルなどの工具、テントや事務用品、足場や点字なども扱っています。購入、リースの利用の流れは大きな字とイラストで説明されており、読みやすいです。このサイトでは、支保工・パイプサポート・TSサポートなどの、規格寸法図がダウンロードできます。

株式会社 ダイサン

株式会社 ダイサン
ビケ足場の設計・施工付レンタル、ビケ足場・建築金物・仮設機材の製造・販売企業です。ビケ足場・ビディ足場・枠組足場・単管足場、支保工・パイプサポート・TSサポートなどの規格寸法図、仕様書、カタログが掲載されています。

丸藤シートパイル

丸藤シートパイル
土木建築工事に関する設計と施工、建設用資材の販売とリースを行っている会社です。販売とリースを行っている建設用資材に関する企画寸法図や仕様書などを掲載しています。鋼矢板(シートパイル)やH形鋼、山留め関連商品に関しては詳しく解説されています。このサイトでは、支保工・パイプサポート・TSサポートなどの、規格寸法図があります。


ご希望のCADデータは見つかりましたでしょうか。
データが見つからなかった方は、リンク集のまとめサイトを参考にしてください。
次のサイトでは、支保工・パイプサポート・TSサポートのCADデータのリンク集をまとめて紹介しています。
支保工・パイプサポート・TSサポート、CADデータのまとめサイト

足場に求められる安全対策とcadデータの活用法

依然として高い労働災害の墜落・転落の割合

労働災害の中で、墜落や転落の割合は非常に高くなっています。

平成27年には、足場に関する法改正が行われました。
同年7月には施行されているのにも関わらず、平成29年度の被災者は前年を上回っています。

最も高い原因の1つとして、作業員の意識の低さが挙げられます。


そこで、この項では、足場に求められる安全対策と、cadデータの活用法を紹介しましょう。

足場高10m以上、組み立てから解体まで60日以上は、所轄の労働基準監督署へ届けが必要

労働安全衛生法第88条や、安全衛生規則第86条と第88条の規定により、足場高10m以上、組み立てから解体まで60日以上の場合は、使用する仮設足場類の平面図や詳細図、足部材等明細書が、施工30日前までに所轄の労働基準監督署に申請しなければなりません。

使用する足場の種類や形状によって、正確な添付図面が必要となります。

現場の安全や正確な図面作成には、足場cadデータを活用

足場施工に関する法改正に伴い、作業主任者の他に、足場作業者にも特別教育を行わなければなりません。

そのための書類作成には、2Dcadデータや3Dcadデータが重要となります。
資料作成者は、ビケ、ビディ、枠組足場のcadデータを解りやすく丁寧に落とし込んだ、教育資料作成が求められます。

cadデータは、足場の製造販売を行う企業や、建設設備関連のcadデータ提供サイトの他にも、足場材をリース、レンタル企業のHPに提供されていますので、積極的に活用しましょう。

特に、3Dcadデータは視覚的な訴求力があります。
教育書類や申請書類だけでなく、足場のcadデータをプリントし、注意点や危険個所の表示等に積極的に活用し、墜落や転落の防止に努めましょう。

まだまだある足場cadデータの活用法、設置場所や使用材の確認、見積りからの経費削減

足場の種類には、ビケ足場、ビディ足場、枠組み足場、単管足場とありますが、建設現場の状況に応じた足場の選定が必要になります。

特に、公共施設の建設現場においては、共通規定の足場使用が要求されますので、規定に応じた足場cadデータが必要です。
予め、施工管理等の書類を確認し、使用する足場のcadデータを用意しておきましょう。

また、足場の正確なcadデータは、積算にも役立ちます。

建設現場では、毎日の作業状況に応じて、足場材の移動や設置変更も十分にあり得ます。
足場cadデータを活用して、足場作業主任者に、その日の足場設置場所の確認や使用材の確認を行いましょう。

今後の架設予定確認や、必要部材の拾い出しといった事にも、足場cadデータを活用することによって、確かな見積りや経費削減にも役立ちます。

足場cadデータは、建設施工管理、安全管理にとって、必要性の高いデータになります。
間違いのないように、使用する部材の正確な図面作成を心がけましょう。


◇ よく読まれている関連記事と広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする