トレーラー・セミトレーラー 2Dcad


このページから、トレーラー・セミトレーラーの軌跡図やCADデータを手軽にダウンロードして、図面作成に活用することができます。
また、トレーラーの最新データをダウンロードできるサイトについて解説しています。


トレーラー・セミトレーラーの軌跡図やCADデータは、工事現場の、資機材搬入経路の検討に役立ちます。

工事開始後の資機材搬入時には、トレーラーが周辺道路を通行できずにトラブルになることを防ぐために、事前にシミュレーションする必要があります。

具体的な活用方法を挙げると、例えば、上空制限が厳しい工事現場がある場合に、トレーラー・セミトレーラーのCADデータを使用して、通行の不可を判断と、発注者等へ分かりやすく説明することができます。

また、狭小な道路を通行する必要がある場合には、軌跡図作成ソフトにて、平面的な検討を行います。
車両諸元として、トレーラー・セミトレーラーのCADデータを使用し、分かりやすい軌跡検討資料として、発注者等へ説明することができます。


記事の後半では、正確な図面の描き方、CAD技術者にとって必要なスキルや能力について説明しています。
また、トレーラーやセミトレーラーの高さや幅を考慮して通行可能かどうかを判断する能力などについても解説しています。


まずはこのページのダウンロードサイトのリンク集から、トレーラー・セミトレーラーのCADデータと軌跡図をチェックしてみましょう。
お探しのデータが見つかるかもしれません。




トレーラー・セミトレーラー 2Dcadデータ

東京重機

東京重機
建設用重機や荷役機械のリース及び、建設機械・自動車輌の販売・修理・賃貸会社です。HPでは、トレーラ・セミトレーラ、ラフタークレーンなどの重機のCADデータのダウンロードができます。そのほか、建設重機の仕様書やカタログも揃っているので、CAD作成の参考になります。このサイトでは、トレーラー・セミトレーラーなどの、2Dcadデータが利用可能です。

東日本産業輸送

東日本産業輸送
大型・重量物輸送、トレーラー輸送などの輸送会社です。トレーラ・セミトレーラなどの、規格寸法図、仕様書、カタログが紹介されています。マルチトレーラ―、32輪4軸ポールトレーラ―などの図面が公開、キャリー編成例(中低床 2+3軸など)も掲載されています。

千代田重機工事

千代田重機工事
移動式クレーンのレンタル会社です。トレーラ・セミトレーラ、ラフタークレーン・ホイールクレーン、クローラクレーン、タワークレーン・オールテレーンなどの、規格寸法図、仕様書、カタログが紹介されています。メーカーも様々です。

トレーラー・セミトレーラー 2Dcadデータ その2

トラスト

トラスト
建設業界のニュースや天気予報、構造物や検察機械などのCADデータなどを集めた、建設業支援サイトです。サイトは、長崎県で建設業関連の印刷物や測量ソフトなどを制作する会社が運営しています。エクセルデータ集には、工事日報や見積書作成など、書類作成に使えるエクセルデータがアップされています。このサイトでは、トレーラー・セミトレーラーなどの、2Dcadデータがあります。

トレーラー cad Google

トレーラー cad Google
トレーラー・セミトレーラーのCADデータが、多数紹介されています。セミトレーラーは様々な用途に使用されています。縦列駐車や後退が可能です。トラクタを切り離すことができ、フェリー航送ではトレーラーのみを積み込むことで経費削減できます。連結を前提としているので、トラクタ単体には積載スペースがなく、トレーラー単体には前輪がありません。

Pinterest

Pinterest
CADデータから図面まで、登録したユーザーが数多くのデータをアップロードしています。場合によっては、製品の説明サイトにリンクされているなど、詳細情報にも対応しています。検索ワードで希望の画像も検索できるので、簡単にニーズに合った画像を探す事ができます。このサイトでは、トレーラー・セミトレーラーなどの、2Dcadデータが掲載されています。


思い通りのCADデータは見つかりましたでしょうか。
データが見つからなかった方は、リンク集のまとめサイトを覗いてみてください。
次のサイトでは、トレーラー・セミトレーラーのCADデータのリンク集をまとめて紹介しています。
トレーラー・セミトレーラー、CADデータのまとめサイト


トレーラーの通行の可否など、CAD技術者に必要なスキル


この項では、トレーラーやセミトレーラーの高さや幅を総合的に考慮して、立体的に通行可能かどうかの判断を出す能力など、CAD技術者にとって必要なスキルや能力ついて説明していきます。

トレーラーの高さや幅から、立体的に通行可能かを判断する能力

平面図、断面図(横断図、縦断図)、正面図等の図面を作成するには、図形を立体として捉える能力が必要です。

例えば、平面図から断面図を作成する際も、今ある平面の情報から断面を作成すると、どのように見えるかを立体的に考え、図面を描く能力が必要となります。

また、トレーラー・セミトレーラーが走行可能かという検討も、高さや幅を総合的に考慮して、立体的に通行可能かどうかを判断する能力が必要です。

ミリ単位まで正確に図面を描く能力

工事では、設計図面のミリの間違いで大きな問題に発展します。
そのため、ミリ単位まで間違いがないか注意し、正確な図面を作成する必要があります。
ミリ単位まで間違いがないかチェックし、細かく正確に図面を描く能力が必要となります。

色や線の太さで表現する能力

設計図面には、多くの線が重なる場合が多々あります。

例えば、道路図面であれば、多くの企業の埋設管が道路地下に埋まっています。
そこに、地下構造物を設計する際には、干渉しないような位置に設計する必要があります。

多くの企業の埋設管等が、色々な位置や深さや大きさで埋まっているため、非常に多くの線が重複し、複雑な図面になります。

そこで、線の色や線の太さを変更して区別させて、誰にでも分かりやすいように表現する能力が必要となります。

トレーラー走行で障害物との干渉状況を把握する能力

構造物の設計においては、多くの障害物を避けて構造物を設計する必要があります。

そこで、図面を描く際には、目的の構造物が他の線と干渉していないか、どのくらいの離隔が確保できているのか等を、注意深く見る必要があります。
また、問題が発生している場合は、早急に修正しなければいけません。

トレーラー・セミトレーラーが障害物との干渉がなく走行可能かという検討については、低床トレーラーの採用について判断するケースが発生します。
また、走行軌跡図を車種別に描くことができ、走行の可否を判断する能力も必要になります。


◇ よく読まれている関連記事と広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする